第5記事 『PhantazmA』

2015-05-24 18:53

 「次は、このゲームを遊んでみる予定なんだぜ☆」

 「パッケージには『軟弱厳禁!!』と書いてあるけど、

どれほど むずかしいのかしら?」
 「会社を辞めて、無収入でアフィリエイト生活を目論む わたしは、

軟弱じゃないだろう☆

よゆう☆」

 


 「まず、ゲームを起動する前に パッチが出てないか 確認するぜ☆」
Neo Transilvania

 「特に修正パッチは出ているようすがないな☆」


20:29

 「モグモグ☆ 今、スーファミ風パッドのLボタンで

スクリーンショットが取れるように ライセンスの切れたJoyToPad で

設定してるんだが、反応しないんだぜ☆ 再起動するんだぜ」
上上島コマドの負け
 「再起動したんだが、わたしの設定が悪いのか

スクリーンショットは取れないんだぜ☆wwwww」


21:03

 「ゲームを始めてしまおう☆ww

わたしは 回りに敵が近づいてくるのが嫌なので

後ろに撃てる装備と、

無いよりはマシか程度に適当に何か装備を付けて、

Easyモードで出撃するんだぜ☆wwww」


 「(o_o)・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・、
・・・・・・・・・

・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(BOM!)

 「えー☆ ちょっと待つんだぜ☆

考える前に戦え、というゲームだということはわかった☆ww

えー☆」
 「とりあえず コンテニューしてみよう☆ww」


21:13


 「(O_O)・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・、
・・・・・・・・・・・・」
(BOM!)

 「えー☆ ちょっと待つんだぜ☆

なるほど、頭の中に思い浮かぶ第一勘は

これぞ同人として世に出すべきゲームという感じなのだが

いや、

今 これは強敵だな としか思わないんだぜ☆wwwww

ちょっと コーヒー を飲もう☆wwww」
 「ゲーム中に 何が起こっているのかは、

いま わたしが楽しんだあとに説明する☆www」


21:28

 「ズルズルズルズズズ……☆ フゥー☆

とにかく コンティニューしてみるんだぜ☆ww」

 「(o_o)・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・すごい なぜわたしは 弾を

避けれているんだぜ・・・・・・、

・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
(BOM!)


 「wwwwww」
 「どーして 道中のスクリーンショットを撮らないのよ!

これじゃ 読者が わからないじゃない!」
  「読者のこととか どうでもいいんじゃないか☆wwww

楽しければ☆wwwwww」
 「コメントを書かなきゃ コメンテーターじゃないでしょ。

ブログを書かなきゃ ブロガーになんないのよ!」
 「いやー(^▽^)☆

言ってしまえば 早送りのビデオテープ の中で戦っているような

シューティングゲームなんだが、

頭が 『あー…、』と何かしゃべる前に

指を動かすゲームなんだぜ☆wwwwwwwwwwww」


21:38


 「……☆!」


 「………(おっ)……(o_o)……☆!

………、

………………」

 「………、」

 「……………………

…………………………………、

…………………………………………………………………………」

 「………☆!」
 「なぜ、 なにも しゃべらない!」
 「いや、多分 将棋のプロ棋士も 将棋を指している間は

しゃべれないんだぜ☆」

 「うわー、とか、ひょえー、とか、何か リアクションしなさいよ!」
 「間が、ない☆wwwwwww

人生の隙間に ふと 思い悩みそうになったら このゲームをプレイすると

いいんじゃないか☆ww 悩まずに済むぜ☆wwwwww

批評するとか、問題点を探すとか、そういう瞬間もないぜ☆www」

 


21:52

 「敵を倒したときに 飛び出てくる 青いの☆

主人公の方じゃなくて、進行方向に吸い込まれていくんだぜ☆

追いかけて取った方がいいのか☆?」
 「取ったって すぐ死ぬじゃない!

ほっときなさいよ」

 「☆wwwwwwwwwwww」

 



  「そういえば、ボムのようなものが あったんだぜ☆」

 「ボムがあったって なくたって すぐ死ぬんだから

全部使いなさいよ!」
 「wwwwwww☆」

 



 「(^▽^)確かにボム使いっぱなしなのは

いい案かも知れないんだぜ☆ww

けっこう持つ☆wwww」

 「ひょっとして コンテニューは無制限なのかなんだぜ☆?

どう思う☆?」
 「どう思うもなにも、どうにかなるまで 突き進めばいいでしょ!」
 「☆wwwwwwwwwwwwww」

 


 「このゲーム、超難度だとは思うんだが、

Continue が無制限で

やられたところから再スタートできるおかげで

とりあえず 先に進めるんだぜ☆wwww

ユーザーフレンドリーじゃないか☆w?wwww

Easyモードだから だろうか☆wwwww?」

 「ユーザーフレンドリーよね」

 「この作者 いいひとなんじゃないか☆www?

とりあえず 鬼畜ゲー ではないみたいだな☆www

Easyモードを見た限りは☆wwwwwwww

うっ……☆

ステージの 敵が出てこなくなる瞬間の 浮遊感が怖いぜ☆wwww」

 「wwwwwwww なぜわたしは 弾を避けながら

壁も避けれているんだぜ☆wwwwwwwwwwwwww」
 「壁ステージを どうして そんなに簡単に突破できるわけ☆?」
 「wwwwwwwww☆

パッケージを見て あ、これは無理、 と思っていたんだが、

むしろ このゲーム、

もしかして 初心者にオススメなんじゃないか☆wwww?」

 



 「砲塔の向きを見るんだぜ☆www

砲塔の向きから 避ける☆www 避ける☆wwwww

敵の弾は撃てば消せる…… 消せるのもある あへっ☆ww

とにかくボム☆www

はへっ☆ はへっ☆ 分かってきたか☆?

あっ、 ステージが進んでいくぜ

なんかボスっぽいのが出てきた☆wwww

固い固い あへっ☆www」

 「あっ オワタ☆wwww」

 


 「これは シューティングゲーム初心者に

オススメできるゲームなんだぜ☆(キリッ」

 「Easyモードで Continue回数やまほどじゃないの!」
 「いやー、十分☆wwwww」


ここで サークルのホームページを紹介しておくんだぜ☆」

上のバナーをクリックして、ブログのサイドに
        ネット通販のリンクが貼ってあるようだな☆」

ゲームで遊ぶときは、おやつも一緒にどうだろうかなんだぜ☆
        ケーキがオススメだぜ☆」

        スイーツレビューまとめ妖精ワラベンチャー

        http://warabenture.com/

 「それでは 次は別ゲーで☆
        次回の 同ソ☆マガ! をお楽しみになんだぜ☆ww」

  「はい、さよなら~


           \次のゲームを開くわよ!/  \え~/

はてなブックマーク - 第5記事 『PhantazmA』
[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です