第6記事 『あけぶれ』

2015-05-28 21:47

 

今日きょうはひとりで よこシューティングをあそんでみるぜ☆
インディーズゲームの小部屋こべやでもげられている注目ちゅうもく作品さくひんみたいだな☆
鉄球てっきゅうアクションシューティングってなになんだぜ☆?」

 


 「☆!!」

「まず、修正パッチが出ていないか サークルのホームページを

確認するんだぜ☆」

http://park14.wakwak.com/~ohba/

http://ohbado.sakura.ne.jp/

「あけぶれパッチ1.11 を当ててみるぜ☆」


22:03

 「今、必死こいて スーパーファミコン風ゲームパッドのLボタンで

スクリーンショットが撮れるように設定している☆ww」


22:06

 「パッドのどのボタンが 何番ボタンか分からない☆ww

わたしの予想では、

Aボタン = 1ボタン

Bボタン = 2ボタン

Xボタン = 3ボタン

Yボタン = 4ボタン

SELECTボタン = 5ボタン

START ボタン = 6ボタン

Lボタン = 7ボタン

Rボタン = 8ボタン

と予想するぜ☆」

 「そこで、

前方ショット = (A)1ボタン

後方ショット = (B)2ボタン

鉄球操作   = (R)8ボタン

ボム     = (X)3ボタン

ポーズ    = (START)6ボタン

と予想して設定してみるぜ☆」


22:19

「デモ画面を見ているんだが、スクリーンショットを撮るボタンの設定に

失敗しているんだぜ☆www ちょっと再起動してみるんだぜ☆ww」
上上島コマドの負け☆ww
 「うむむ☆ 使わないボタンだと思って [F2] ボタンで

スクリーンショットを撮ろうとしているのが間違いなのかも

しれないんだぜ☆ [Print Screen]ボタンで スクリーンショットが

撮れるようにしてみるんだぜ☆ww」

 「それでも反応なし☆ww

Windows ペイント でスクリーンショットを撮ることに

するんだぜ☆wwwwww」

 


22:29

「性能ではなく、キャラの見た目で 瑠紫羽 あけの を選ぶぜ☆!

なんて読むんだぜ☆?

るしふぁー あけの☆? 漢字が読めずに

独自読みで進めることはある☆ww」


22:35

 「スタートボタンを押すと、魚雷のようなものを真下に

落としているんだぜ☆

それ以外のボタン配置は おおむね 思ったように配置できているんだぜ☆」

 「Aボタンを押すと 右へ弾を撃ち、

Bボタンを押すと 左へ弾を撃ち、

Xボタンを押すと ボム攻撃、

ここまでノーミスで かいちょ、快調☆ 多分☆」

 「スタートボタンで落としている魚雷の正体が

鉄球であることが 見えてきたんだぜ☆

重要武器なんじゃないのか☆?

なお R ボタンは ポーズボタン☆」
 「多分、鉄球は Rボタンを押しながら 十字キーで操作すると

いった使い方をするんじゃないだろうか☆

スタートボタンでは そんなことは不能☆

初見プレイでは 鉄球を封印して A、Bボタンで戦うことにするぜ☆」


22:47

 「よゆ、よゆう☆ あっ ボス戦のもよう☆

こいつに勝てれば 参考記録:1ステージクリア と

していただきたいんだぜ☆

では始まる☆」

 「ドリル、するする避け よゆ、よゆう☆

上のメーターを削ればいいのかなんだぜ☆?」

 「この弾を避けている間に

鉄球の操作を覚えたい欲求にかられている☆ww」

 「ストライダー飛龍のトラウマが思い出される空ドリル☆www

よゆ、よゆう☆

鉄球はわずかに上下左右にずらせる程度で 基本下に落ちていき、

横キーを押しっぱなしなら 横に一直線で飛んでいく、

という にんし、認識なんだぜ☆ww

横に入ったときに当ててみたいんだぜ☆ww」

 「うむ☆ ドリルは垂直に落ちてきているので、

正面のドリルにぶつからない程度に張り付いて

道が空いたら ちょんちょん真横に押すだけで通れる☆

立証☆ww」


 「ボスの横っ腹に 鉄球を投げようと思ったんだが、

鉄球は 下に落ちていくもよ、もよう☆

鉄球を横に飛ばせたと思ったんだが

記憶違いのようなんだぜ☆ww

だ、だめだ 上に回りこまないと 鉄球を

ぶつけられないかもしれないんだぜ☆ww
あ、あれ☆? 水色の雪印にぶつかったと思ったら

ボスが爆発しているんだぜ☆?

何が起こっているんだぜ☆??」

 「あ、あれ☆? ボスに勝てていたもよ、もよう☆

鉄球を海面におもらししていただけなんだが

いつダメージを与えたのか 見てなかったんだぜ☆ww

しょ、勝因は、気づいたらボスが勝手に ば、爆発していた☆wwww」

 


23:12

  「ワンミスで1ステージクリア☆

敗因は鉄球操作事故☆

では、せっかくなので このまま 先に進むんだぜ☆」

 「か、かたい☆ 鉄球を使うんじゃないのかなんだぜ☆?」


 「今まで連打していたんだが、押しっぱなしにすると

オート連射してくれることが判明☆ww

これで かなり楽になったんだぜ☆ww」

 「あ、うかつなんだぜ☆!

正面に入ってボコろうとしたら 光るのが見えて

気づいたらレーザーの中にいたんだぜ☆」

 「わたしが死んでるときに 上下移動してレーザーで

ゾーンプレスしているのが見えたので

うしろに回り込んで 撃つんだぜ☆!

何をしてくるか 分からないな☆」

 「うわ うわ うわ あられが飛んでくるんだぜ☆

鉄球で相手の弾を消せるもよ、もよう☆

弾を消すと 雪印が飛んでくるみたいなんだぜ☆」

 「うぎぎぎぎぎぎぎぎぎぎ! あ、あたまが はげるっ☆!

どうなってしまうんだぜ~☆!」

 「セイーフ☆」

 「あへっ☆!」

 「勝ったんだぜ~☆!」

 「……中ボスだったのかなんだぜ☆?」


 「モグラが、突然降りてきた うぐっ☆!」

 「ほうーほ☆ ほうーほ☆(泣)」


23:48

 「終了して コンフィグを設定し直し 再起動☆

練習モードで 鉄球の動きを確認するんだぜ☆!

ほら☆!

なんか ぐねっ と動いているんだぜ☆!

鉄球を使わなければ、このゲームを遊んだと

いえないのではないのかなんだぜ☆?」


23:53


「今のわたしは 鉄球マスター☆!

覚えたぜ☆!

十字キーを押さずに R ボタンを押すと、

鉄球は操作できずに 真下に落ちていく☆

十字キーを押しておいて、R ボタンを押すんだぜ☆

あとは十字キーを適当に振ったり、回転させたりするだけだぜ☆」

 「あっ、もっと簡単なのは R ボタンを押したら

離さないことか☆

これで鉄球を ぐりぐり操作できるんだぜ☆

覚えたな☆ww」

 


23:59


 「鉄球だけを振り回していたら ステージ1が始まったとたん

紫の弾に当たって死んだんだぜ☆

どういうことなんだぜ☆?」

 「そうか、鉄球を振り回すには 十字キーを振ったり 回転させたりする☆

このとき自機も動いているので、

弾に当たりにいったのかなんだぜ☆!

鉄球は広い所で振り回さないといけないな☆!

 「しかし 鉄球を敵の弾に当てると 雪印に変わって得点に変えることが

できるんだぜ☆ 弾がいっぱい飛んできたら 鉄球の使いどころでも

あるわけだな☆」


00:08

 「ほら、ガオンッ☆ と鉄球が噛み付いたところは、

敵の弾が 雪印 に変わっているな☆」

 「あっ、あのゴッドビーム☆

鉄球で押し返せるのか☆」

 「こんな弾幕みたらもう 鉄球しかないぜ☆!」

 「ここらへんで終了するぜー☆」


00:20
 「残機数、クレジット数も 多かったし、

1、2面を見たところ 初心者でも 遊びやすいゲームだと思うぜ☆」

 「ぐふっ☆

なんなんだぜ、あのでかい鉄球は」


 「ここで サークルのホームページを紹介しておくんだぜ☆

 「上のバナーをクリックして、作品ページの下の方に
        ネット通販のリンクが貼ってあるようだな☆」

 

 「ゲームで遊ぶときは、おやつも一緒にどうだろうかなんだぜ☆
        ケーキがオススメだぜ☆」

       スイーツレビューまとめ妖精ワラベンチャー

http://warabenture.com/

  「それでは 次は別ゲーで☆
        次回の 同ソ☆マガ! をお楽しみになんだぜ☆ww」

  「はい、さよなら~


           \次のゲームを開くわよ!/  \え~/

 

はてなブックマーク - 第6記事 『あけぶれ』
[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です