第9記事<その1> 『星樹の機神』

2015-06-11 05:09

 「今日きょうはこの同人どうじんソフトをけてみようかしら。

調しらべてみると、Cシー84で体験版たいけんばん完売かんばいしたという 同人PCどうじんピーシーゲームね」

 「今日は 朝の8:00まで、

最初の方を ちょこっと遊ぶだけの予定なんだぜ☆ww」

「readme.txtで操作方法を確認するんだぜ☆

4ボタンとカーソルキーだけのようなので、

スーファミ風ゲームパッドで行けそうだな☆」

「なぜかライセンスの切れてしまった JoyToPad を起動し」

「ゲームパッドのボタンに、キーボードのボタンを割り振るぜ☆

これでテキストエディターにも ゲームパッドを使って

z、x、a、d の文字を 打ちこめるんだぜ☆」

「ああっ! 時間が無いのに無駄な豆知識!」
「この同人ゲームサークルの ホームページは次の通りなんだぜ☆

修正パッチが出ていないか、念のために見ておくぜ☆」

同人ゲームサークル 電猫遊戯
電猫遊戯_banner5
http://denneko.com/

 

「わたしの買ったこれが最新バージョンのようなんだぜ☆
では 説明もろくに読まずに Game.exe をクリックするぜ☆
ゲームをリセットせずに、
1面のボスを倒せたら わたしの勝ちとしていただきたい☆」

「このゲームは 戦闘が面白い との さんげっと店長 からの
前評判だったので、戦闘に要注目ね!」

「なんの保証もない☆ww
画像は [Print Screen]キーと Windows ペイント でお送りします☆
行くぜ☆!ww」


05:39

「タイトル画面の時点で

わたしの知ってるRPGツクールとは違う☆ww」

「どこが?」

「RPGツクールって こんなのだぜ☆?」

「電猫遊戯が わたしの知ってるRPGツクールと違う、って言うわよ!」
「新しいRPGツクールが出ているのかもしれないな☆ww

では、どれだけ新しくなっているのか

RPGツクール・ゲーに挑戦だぜ☆」


2015-06-11 05:55

\パチッ/

「会話シーンも1枚 スクリーンショットを撮っておこう☆

あっ☆ すごく懐かしい絨毯が敷かれているぜ☆

多分、境界線チップで」

「豆知識は要らないので☆ バトって!」

「うん☆? 右下に何か出ているんだぜ☆?

わたしのスーファミ風ゲームパッドでは Yボタン か☆」

「なんだ クロノス のおっさんか☆

主人公が右手に抱えている 薬用せっけん みたいなやつじゃないか」

「もっと何かこう、すごい石版みたいなやつじゃないの?

古代文明とか オーパーツとか、なぞの技術とか」

「いや、ただの おっさん だろう☆

\ピキュン/

あっ☆!」

「メニューが超~かっこいいんだぜ☆

近頃は ジャパニーズ製のゲームで遊べるように 小学生でも

英語が必修科目になっているらしいんだぜ☆」

「それはどうか分からないけど、

あの水色の玉みたいなの、クロノスよね」

「スキルを4つぐらい持てるのだろうか☆?

アイテムも 回復系を持っていたんだぜ☆」

「上下キーで Setting と Assist が切り替わっているのか☆

ダメージを抑える系の何かも 持っているようなんだが、

なぜ 黒文字で選べないのかは 分からないぜ☆」

「装備するものでも ないんじゃないの」

「なるほど☆」

「とりあえず、持っているスキルや装備品は

全部 装備していて使える状態になっているみたいだな☆

MaxCostというのは マジックパワーみたいなものだろうか☆?

現在値がないということは、毎戦闘回復するんだろうか☆?

さっき見たスキルは 1.00 と紫色の文字で書いてあったので、

1戦闘で 3回は 使えると見た☆」
\ブッ ブーブー/

 「ひっ☆! 空きスロットに セーブできないんだぜ☆(>_<)」

「ダンジョンの中では セーブできないんじゃないの?」

「ありうる☆」

「壁に向かって Aボタンを押しまくったが、

このフロアには 特に何も無いんだぜ☆

ジャンプのようなマップアクションも無さげ☆

わたしの スーファミ風パッドのXボタンを押すと、

超高速ダッシュができるんだぜ☆」

「あんまり うろうろ 歩き回ってると

急に ティロティロティロティロ デーデーデー

って黒い渦が出てきて戦闘になるんじゃないの?」

「ランダムエンカウントの可能性については

考慮していなかったんだぜ☆(>_<);;」

「おっ☆ フロアの名前が出るのか☆?

ということはーー☆」

「現在地が出るわけだな☆」
「マップは書くの?」
「ゲームがシビアかどうかにもよるな☆

やりすぎても キリがないぜ☆」

「ほっ☆ ほっ☆ ほっ☆ ほっ☆

掘り起こすんだぜ~☆ww」

「ミミックは出てこないのかしら」

「オープニング・ステージで そんなものが出てきたら

もう二度と 採掘しようと思わないぜ☆」


06:53

「クロノスが むずがっていたら 話しかけることが重要だな☆」

「アイテム採掘し放題って、そんな 馬鹿な!」

「そういえば メニュー画面に 通貨単位のようなものが無かったな☆

お金の概念がなかったりするのだろうかなんだぜ☆?」

「ECって、何よ」

「エレクトリック・コインだろうか☆

それとも エナジー・チャージ☆?」

「エンハンスド・サイバネスティックとか、

エルダードラゴン・コントロールかもしれないわね」

「そのうち クロノスが むずがって 説明してくれるだろう☆ww」


07:08

「では、開けてみるぜ☆」

「これで アクティブ・タイム・バトル だったりしたら

わたしは ブログを抱えて 死んでしまうぜ☆」

「戦闘シーンも ブログに残して欲しいわね」

「敵性反応を確認!」

「おっ☆ 説明が入ってきたんだぜ☆」

「コスト1.00の射撃だか、

コスト1.00の3回打撃だかを

持っていた気がするんだぜ☆」

\ブォン バォバォォ/


「ひっ☆! Aボタンを押さなければ決定されないだろうと思って

クロノスを呼ぼうとしたら ピアッシングショット を

放ってしまったんだぜ☆!

宮本システムじゃなかったのか☆!」

「まぐれで Weak!! って出てるわね。

弱点攻撃よ」

「ボタン操作には 慣れが必要そうだな☆

実戦中に生き残れるかどうか☆」

「ん? 攻撃を仕掛けると コンボタイムとかいう数字が

カウントダウンを始めるんだぜ☆?

早く続けざまに入力しろということか☆?」

「Resist! と出ているわね。抵抗があるのよ。

計算式も出ているじゃない。

base  combo  weak

221 x 1.1  x 0.7  = 170」

「1手1手 ブログを書いていられないな☆

コンボを覚えないと やばそうなんだぜ☆

そして 敵がまだ攻撃してこないんだぜ☆?」

「練習が足りない☆www

こんな しろうと な状態で ボス戦に突入したくないんだが☆ww

セーブできないので 突っ込むしかない☆」

「面白くなってきたわねww

ん?」
お金を 55EC 手に入れた!


07:32

「同じ攻撃を連続しても ペナルティ が付いていた気がするぜ☆

おっ☆ HPだか 体力だかが 減っているんだぜ☆

回復方法は 発掘したアイテムに頼るしかなさそうなんだが、

数に限りがある☆

とはいえ、6分の1は 16.7% ぐらいか☆

それぐらい減ったHPを回復させたいんだぜ☆」

「30%回復か☆ クラムの最大HPは300だったので、

200以下ぐらいに減ったときに使わないと

もったいないんだぜ☆」

「次のスライムの攻撃で 251ダメージ喰らったら

どうするのよ」

「クロノスを洗濯機に放り込む☆」

 


07:44

「おっ☆ 謎の緑色の物体が浮いているぜ☆?

なんだと思う☆?」

「風のクリスタルかしら?」

「わたしは HP回復 か、セーブポイント のどちらかだと

思うんだぜ☆ 触ってみるぜ☆ww」

YEAH!             YEAH!

\パーンッ/\パーンッ/
「v(^▽^)vイェーイ☆ セーブができたんだぜ☆」

「すると いよいよ、HP の回復には限りがあるわね」

「先に進めば 宿屋があるんじゃないか☆?

その前にボス戦があると思うんだぜ☆」


07:54

「ピアッシングショット

ガトリングレイド

ピアッシングショット

と、同じ技が続かないように連続入力すると、

コンボ技が決まったみたいなんだぜ☆

ダメージが 1.34 倍を超えているので、

3回攻撃すると、4回攻撃したぐらいの 与ダメージ が出るはず☆

この1撃の差は大きいんだぜ☆」

「4回目の戦闘で もう極意を掴んだのね! おそろしい子!」

「weakは ×1.5 か☆

例えば、1に 1.75 を掛けて、

もう1回 1.75 を掛けると

およそ 3 になる☆

威力が3倍になるんだぜ☆

comboと、weakの両方の倍率を

1.75 以上になるように目指すと

いいかもしれないな☆」


08:06

「ほう☆ オーバー・アーツという

TP を消費して使う技を使えば

コンボも伸びるし、与ダメも増えるのか☆」

「また恐ろしいものを この子に与えるのね」

「オーバー・アーツって、あんたが間違えて

最初に出した攻撃じゃないのよ!」

 「☆wwwwww」

 


「これは ボス戦まで もう ひとやま ありそうなんだぜ☆

今日は ひとまず ここで区切って

いつもの 締めをやるぜ☆

もういちど 制作サークルの ホームページ を紹介するぜ☆」
電猫遊戯

http://denneko.com/

 

「上のリンクをクリックしてくれ☆

ホームページのサイドに、『ダウンロード販売』の欄が見えるだろう☆
DLsiteなら ダウンロードしてすぐ遊べるし、
Amazonなら CDで郵送されてくるぜ☆

お安く求めるなら ダウンロード版で十分だし、

ちょいと 秋葉原の同人ショップを助けようと思うなら
Amazonの『電脳雑貨屋 三月兎』が販売している
正規取扱店版を買うと、さんげっと が助かるんだぜ☆」

ゲームで遊ぶときは、おやつも一緒にどうだろうかなんだぜ☆
       チーズケーキがオススメだぜ☆」

       スイーツレビューまとめ妖精ワラベンチャー
       http://sweets.warabenture.com/

それでは しばらく期間を空けて☆
        次回の 同ソ☆マガ! をお楽しみになんだぜ☆ww」

 「はい、さよなら~

<その2>へ続く

はてなブックマーク - 第9記事<その1> 『星樹の機神』
[`yahoo` not found]
[`yahoo_buzz` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
Digg にシェア
Facebook にシェア
reddit にシェア
LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]
StumbleUpon にシェア
GREE にシェア
email this
LINEで送る
Pocket
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です